見直し時の注意点

保険見直しは、更新型であればその都度行い、また保険料が負担となれば、そこでも見直しが必要です。そして、人生においてのライフイベントに合わせても保険見直しはとても重要になってきます。ただ、保険見直しに際しては注意点もあります。不注意な保険見直しは取り返しのつかないことにもなりかねません。ではどのような点に気を付ければいいのでしょう。

保険見直しは、同じ保険会社である必要はありません。他社のよい商品に乗り換えることもあるのです。他社の保険に変えることになった場合、気を付けるべき点として、無保険状態にならないことが挙げられます。乗り換えを決めたからといって、現在の保険をすぐに解約するのは危険です。もし、他社の保険に加入を拒否されたらどうでしょう。保障は、最初の払い込みが確認できてからになります。乗り換えは、新しい保険への加入が完全に終えてから、以前の保険を解約するという手順になります。

この乗り換えですが、複数の保険会社から見積もりを取る必要があります。保険には多くの種類があります。そしていくつもの保険会社があります。その中から自分の生活に合った保障を選ぶわけです。なるべく多くの保険の保障内容や保険料を比べて、それから見直しを決めるといいでしょう。

見直しはイベント毎に

では、保険見直しはどのようなタイミングで行えばいいのでしょう。例えば、更新型の保険の場合はその更新時期に合わせた見直しが必要となります。また、ある時期において保険料が家計の負担と感じた場合も、保険見直しのタイミングと言えます。ただ、ほとんどの場合、保険見直しのタイミングはライフスタイルが変わった時や、ライフイベント時になるのです。

学生の頃は、無保険の人が多いはずです。しかし、社会人となったからにはやはり保険に加入し、万が一のときのために備えるべきです。独身で若い頃であれば、死亡保険よりも医療保険を手厚くするといいでしょう。そして仕事が落ち着き、結婚した時も保険見直しのタイミングとなります。自分だけでなく配偶者の加入も必要ですし、受取人の変更も行ってください。

結婚の次にくる大きなライフイベントは出産です。家族が増える分、死亡保険金額は追加する必要があります。さて、こうして家族が増えてくると、マイホームの取得も考えなければいけません。そうなると、住宅ローンと相殺できる死亡保険への加入は必須となります。その後、ライフイベントは老後にまで及びます。様々な転換期がやってくるわけですから、それに応じた保障内容を確保することは重要です。保険見直しはこまめに行ってください。

保険見直しの必要性

保険に加入したからといって、安心してはいけません。保険は加入して終わりということではないのです。安心と充分な保証を得るには、ライフスタイルに応じて保険見直しが必要となってくるのです。

例えば、独身の頃と結婚してからでは保険の内容が同じでいいでしょうか。独身の頃であれば、受け取り人が親ということになりますから、死亡保障は少なくてもいいですが、結婚して家庭ができるとそうもいきません。残された家族のために、保障額を増やすことが必要となってくるのです。

また、保険の商品自体も次々に新しいものが出てきます。今、加入している保険内容に含まれていない保障が、同じ保険料で新たに含まれている商品もあるのです。そういう面からも保険は加入当時のままではいけないのです。

また、複数の保険に入っている場合、その保障が重複している場合があります。こういった場合も、保険見直しで保険料や保障内容がすっきりとするはずです。加入するときは、知り合いの紹介や、何となくといった意外と安易な動機であることが多く、その保障内容もよく確認せずに入っている人も多いのです。保険は生き物です。そして自分を取り巻く環境も変わっているのです。保険見直しをしていない人は、これを機にぜひ見直してください。

保険見直しとそのタイミング

保険に加入しているほとんどの人は、加入した当時のままの保障内容を継続しています。万が一のときのために加入した保険ですが、保険見直しをしていないと、いざというときに保障内容が合わないといったことにもなりかねません。このサイトは、そういった保険見直しとそのタイミングについて説明します。

保険に加入するときの動機としては、社会人になったから、あるいは知人の勧めといった案外軽い気持ちで入っている場合が多いです。そのため、保険見直しまで考えることもなく、同じ内容のまま保険料を払い続けていることになります。

しかし、保険見直しは必ず行うべきもので、そのタイミングとしてはライフイベント毎がおすすめです。最初のライフイベントは社会人となったときでしょう。そして、結婚、出産、マイホームとそれぞれ時点で保険見直しをして、その保障内容や保険料を適正なものにしていく必要があるのです。

Link-ライフイベントごとの保険見直しについて無料で相談できる<かぞくのみかた>

また、保険の商品自体も新しいものが出てくるわけですから、同じ保険料でもより保障内容が充実しているものもあります。こういった理由から、保険見直しは複数回行うべきなのです。ただ、注意点があります。他社の保険に乗り換えるとき、無保険状態にならないよう気を付けてください。また、いくつかの保険会社から見積もりを取ることも忘れてはいけません。そうすることによって、保険料を抑えられますし、なにより保険について詳しく知るいい機会となるのです。これを機に、保険見直しをしてみませんか。